住宅・住居と徒歩通勤、通学などについて

最近、住まいやライフスタイルに対する考え方が大きく変わってきているのではないかと思います。それは住宅・住居の安全性や快適性であったり、日常の生活習慣に表れてきているのではないでしょうか。特に昨年の大震災以降、より合理的に持続可能な暮らしを送ろうとお考えになられた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。例えば、住宅の耐震性の向上を考えたり、食料や緊急物資の備蓄をしたり、自転車や徒歩などで通勤をするなど、身近なところから生活を変えて現在の社会情勢に順応してゆこうという動きも出てきています。特に健康増進の考え方を取り入れながら、通勤、通学などを行っている方もよく見かけます。もともと小学校や中学校に通っていたころを思い出しますと、徒歩や自転車通学は当たり前であったと思います。
たしかに仕事の事情などで、自動車を利用したり、遠くに通わなければならない場合もあると思いますが、地元に即した職場にお勤めの方は特に、歩きで通うことのできる範囲内にお住まいの方もいらっしゃるのではないかと思います。ウォーキングシューズにバックパックで、さわやかに歩いて通勤するというのも悪くないのではないでしょうか。地元の方との挨拶や絆というものも大切にしながら、環境にもやさしく、健康にもよいということで、利点が多い生き方ではないかと思います。生活の行動範囲を合理化して考えたり、オンラインショッピングの宅配を上手に活用するなどして、新しいライフスタイルを構築されてみてはいかがかと思います

住宅・住居や住まいの関連情報をご案内

Copyright (C)2017駅まで徒歩圏内の住居に住みたい。.All rights reserved.