住宅・住居はどこへ行くにも徒歩圏内が理想

住宅・住居を決める際には、車を運転するしないに関わらず、どこへ行くにも徒歩圏内であるのが理想となる条件だと思います。私の友人達で、うちは車があるし、しょっちゅう車を運転するから少しぐらい駅から離れていてもいいとか、買い物も車で行く事が多いから遠くてもいいと言っていました。でも最近は後悔しています。先日、友達の1人が骨を折ってしまい、車が運転できなくなってしまいました。どこへ行くにもとても遠いので身動きができないと言っていました。
我が家は車を運転する家庭ですが、なるべくどこへ行くにも徒歩で行く事のできる距離に住むことにしました。駅からは歩いて15分、バス停は2分、小さなスーパーは歩いて10分、学校へは20分という場所です。仕事へ行く時は、運動もかねて徒歩で駅まで歩いています。車を出したとしても車庫から車を出して、道路に出ても朝なので混雑している事もあり実際はそれほど歩く時間と変わらないのです。徒歩で駅に行く事により、毎日きっちり同じ時間に家を出る事ができて、電車に遅れる事もありません。
大きなスーパーやショッピングセンターへは車で行きますが、ちょっとした毎日の食材の買い物は近くにスーパーがあった方が便利です。急なお客様が多い家なので、そういった時にも焦る事がありません。徒歩で行く事ができるので、特にちょっと買い足したい物がある時には、ささっと家を出てささっと買い物をすます事ができるのです。いちいち車を出している時間でスーパーへ行く事ができてしまうのです。
Copyright (C)2017駅まで徒歩圏内の住居に住みたい。.All rights reserved.